空き家活用促進制度

新得町では、町内の空き家の解消と定住の促進を目指し、町内の空き家を改修し賃貸する場合、もしくは空き家を購入し改修を行う場合に、改修に必要な費用に対し「奨励金」を交付する制度を設けております。(令和6年3月31日まで)

対象となる住宅や交付の条件などは次のとおりです。

対象者要件

  • 次の条件のどちらかを満たしている方
  1. 空き家を購入後、3年以内に住宅を改修し、自らが居住する方
  2. 自らが所有する空き家を改修し、5年以上賃貸の用に供する方
  • 町税および使用料等、町に納付すべき公金が完納されていること。

対象の住宅

・居住の用に供する個人又は法人の所有する専用住宅、併用住宅及び共同住宅で、現に居住していない町内に存在する建物であること。(空き家)
・国、道および町等の行う事業により、移転補償または補助を受けていないこと。
・住宅の建築に対する町の他の助成制度を受けていないこと。
・空き家の維持及び機能向上を目的として行う当該空き家の構造部分及び付帯設備の改修工事(模様替え及び住宅に付随する電源設備等の工事を含む。)で改修工事費用が100万円を超える工事とする。ただし、併用住宅の場合は、居住用部分に限る。

奨励金額等

空き家改修完了時に下記の合計金額の「奨励金」を交付(最大60万円)

・空き家活用基本額 10万円
・工事施工町内業者加算 20万円
・子育て世帯応援加算(中学生以下) 10万円
・移住促進加算(転入者) 20万円
※いずれも町内商品券「スマイルチケット」で交付します。

支給までの流れ

  • 工事着工前に「交付申請書」に必要書類を添えて提出願います。
  • 交付決定後、改修工事を行い、完了後「実績報告」を提出願います。
  • 「奨励金」は工事完了後、実績報告を受けて金額を確定し、支給します。

提出書類

工事着工前

  • 添付書類

(1)対象家屋の場所が確認できる書類(地図等写し)
(2)取得年月日が分かるもの(契約書又は登記簿等の写し)又は自己所有の権利が分かるもの(契約書又は固定資産税名寄帳、登記簿等の写し)
(3)見積書の写し
(4)現況写真(工事前の外観及び内観状況が分かるもの)
(5)現に住所を有する市町村が発行する納税証明書(新得町に住所を有しない場合)
(6)中学生以下の子がいることを証する書類(子育て世帯応援加算を受ける場合)
  ※母子健康手帳を所有する妊婦がいる世帯は、母子健康手帳の写し
(7)新得町以外に住所を有していたことを証する書類(移住促進加算を受ける場合)

改修工事完了後

  • 添付書類
(1)対象工事に係る契約書の写し
(2)上記の領収書の写し
(3)対象工事の施工内容のわかる写真(施工前及び施工後の写真)
(4)新聞折込又はインターネット等で不特定多数の者に入居の公募をしたことを証する書類(賃貸の場合のみ)
(5)現に住所を有する市町村が発行する納税証明書(新得町に住所を有しない場合)

申請内容に変更があった場合

  • 添付書類
(1)変更の内容が分かる書類(見積書の写し、現況写真等)
  • 各種様式は、役場地域戦略室、役場屈足支所にあります。
このページの情報に関するお問い合わせ先
地域戦略室 電話番号:0156-64-0521FAX:0156-64-4013